info@yogahalo.net

「お母さん」益田ミリを読んだ

図書館で益田ミリさんの「お母さん」を借りてきた。
益田ミリさんのお母さんのエピソードがマンガや短いエッセイになっている本。

大阪の人だから、おもしろいおかんのネタの話かと思ったら、すごく愛情にあふれた本。
どれだけ益田ミリさんがお母さんのことを好きで、思っていて、甘やかされて育ったか、が書かれていて、とても優しい気持ちになった。

いろんな人がいるように、いろんな子育てがあるけれど。

誰かに大切にされてかわいがられた経験は、いつもは忘れているけれど、ちょっと大変なときに思い出されて救ってくれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です