info@yogahalo.net

ちゃんとした文法

前の日記の続きで、誤字脱字が多いこと、それを気にしないことを私が良くないと思う理由。

カナダにいたとき、英語をしゃべるのは下手で自信がなくて会議とかでもまったく発言できないから自分を卑下していたけど、ある日同僚からキミは英語が上手だから書いてよ、と何か書類を書くのを頼まれたときそれはそれは驚いた。え、そんな風に思われてたんだって。

謙遜とかでなく、私の英語は本当に最低限で、自信がなくて電話なんかはいつもびくびくしていた。でも、文法は学校で習ったとおりにしていたから、それが英語がちゃんとできる、と他の人からは思ってもらえたらしい。同僚は他国からの移民ばかりで英語教育もちゃんと受けられなかったような人ばかり、でも生活のために実践から英語を習得してきた生命力の強い人たち。間違った英語だっていいから、自分のこと主張して自分の権利を守って生き抜いてきた人たち。

だから、どっちがいいってわけじゃないんだけど、とりあえず間違いの少ない言語を話すこと、書くこと。それだけでも立派な強みになるんだなってことを学んだ。

だからこそ、誤字脱字をなめないでほしいって思いもあった。

こういうことを学べたこと、いい経験だったなあ。

伝えなくちゃね。おばちゃんスピリッツ再起動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です