info@yogahalo.net

ボランティア貧乏

今週はボランティアが週に3日も入ってることに気付いた。

ぼちぼちやってた分の日程がたまたま重なったせいだけど、なんだか忙しいわりに全く収入がなく、どっちかっていうと出費が多い。

昨日は日系の人が多く入ってる介護施設で週に1回の日本食ランチを出すっていうランチプログラムのお手伝い。
いつもは3人のおばちゃんたちがやっているんだけど、そのうちの1人が日本へ帰国中なのでその間だけお手伝い。

昨日までで終わりだったけど、こっちに住んでいる日本人のシニアの人たちとお話したりするのは本当に楽しかった。やっぱりシニアのために仕事するのが好きだなあと再確認。

あと、ランチを作ってる様子がすごくおもしろい。私は出席者の確認をしに病棟へ行ったり皿を洗ったり、雑用ばかりだけど、その合間に他のおばちゃんたちの様子をのぞいたり。
私はあまり料理のレパートリーがないから、このおばちゃんたちがいつも5品くらいちゃちゃっとバランスよく作ってるのはお見事!!って思う。
日本を離れて何年経っても、日本語で話したいし、日本食が食べたいし、買えないものは作る、そういう人生を歩んできた人たちは本当にたくましくて優しい。

今日は認知症家族会のお手伝い。ここで、1年くらい一緒にこの会をお手伝いしてるボランティア仲間の方のご主人が魚釣りが大好きという話から、鮭をいっぱい釣る季節になってきたという話、そして釣れた分を分けていただけるということになった。
私はさばき方とか保存方法がわからないからって、いずれその方のお家におじゃまして、切り身にしたり、西京漬にするやり方を教えてもらうことになった。やった。

あさっては、日系の人のための介護施設でアクティビティのお手伝いボラ。ここでは、このまえ鹿児島出身のおばあちゃんに、おはら節の踊り方を教えてもらった。

ランチプログラムのおばちゃんに言われた。
「こき使ってごめんね。でもなんでもやっておくと、本当にいい勉強になるから。」
って。
本当にそのとおりだなあと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です