info@yogahalo.net

ヨシエとマスター

とてもすてきな店を見つけてしまった。

職場の人と行った中華料理屋。

焼肉も定食も酒もつまみもぜんぶある。

昔ながらの古いラーメン屋みたいな店で、入ると掘りごたつの座敷とテーブル席。テーブルは焼肉用だからいろいろ油っぽい。

テレビが店の中に二つ付いていて、おばちゃん、というよりおばあちゃんがリモコンのボタンを目を細めて見て「これ地デジって書いてある??」ってお客さんのお兄さんにやってもらっている。一つのテレビに向かって操作しても、二つのテレビが反応。スイッチ消えてる。

マスターもウェイトレスのヨシエちゃんも背中が丸くてじいちゃん、ばあちゃん。ちなみにヨシエちゃんは75歳、マスターは3歳年下。そして一見夫婦っぽいけど夫婦じゃないって。やっぱりな。そんな気がした。

そんなヨシエちゃんは、「はい、お待たせー」ってビール運んでくる声が聞こえても、まだ5メートルくらい離れた奥にいる。掛け声だけは若い。

でも不思議と注文は間違えない、忘れない。

たべものは全部おいしい。特に餃子がおいしかった。5のつく日は安いらしい。

ヨシエちゃんは餃子を持ってきてくれたけど、「はい‼お待たせ!これがー・・・あ、なんだっけ?」って忘れちゃう。

お客さんが少なかったので、そのうちヨシエちゃんは柿の種とかかりんとうを持ってきて、隣のテーブル席に座って一緒にたべておしゃべりしてる。よくしゃべる。

そのあいだもマスターはまじめに働いて、厨房の奥のほうでちょこまかしてる。

最後におすすめだというタンメンを頼んだらすっごいおいしそう。

そしてヨシエちゃんが取り分けてくれるって言って5人分に取り分けてくれるけど、その間ずっとしゃべってるから、結局取り分け終わるのに11分かかって(動画を撮ってたから!)、スープが麺にしみこむしみこむ。でもおいしかったけどね。

夢のような時間だった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です