info@yogahalo.net

博士の愛した数式

小説を読んで、最近DVDを観た。

うーん、月並みな感想だけど、小説のほうがじーーーっくりその世界に浸れる。

映画はなんだかあっという間だった。
いろんなことがどんどんハイライト的に起こって。

でも、数学やってる人の話っておもしろい。
学校で習ってたときは、何で数学に『虚』の数、とか『正』とか『素数』とか漢字の用語が出てくるんだろうって、違和感があったけど、数学の専門の人の話を聞くと、それぞれの用語にロマンがあっておもしろいんだなあ。

iの発見とかね。

ピタゴラスの定理とか。

普段の生活にどうつながっているんだろう。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です