info@yogahalo.net

財布

もう大学のときからずーーっとおんなじ財布をつい去年まで使っていて、もうさすがに変えたいよね、とおもっていて。

でも、なんとなく革の製品はできるだけ、必要がない限り使わないようにしたいなあ、と思っていたから、ミャンマーで貰った織物のポーチをちくちく縫って財布にして使ってた。(なんでかっていうと、革ってきっと動物を殺して作っているから。他のもので事が足りるなら、小さな牛を殺してカバンにしたりしなくていいじゃん?て思ったから。)

でも、財布開くたびに、ぼろぼろカードが落ちるし、ファスナーが壊れて小銭が入れられないから、小銭入れを別に持っていたけど会計のときとかカバンの底に沈んだ小銭入れが見つからないことが多かったりしてさすがに不便なのでやっぱり財布ほしいなと思ってた。

で、ふらっと寄った松戸のアトレでかわいい雑貨屋さんにオリジナルの革製品ですとかって棚があって、まあ革は買わないだろうけどちょっと見ようって思ったら、あら、かわいい。

結局すごい迷って、革の朱色の使いにくそうなでもすごいかわいくて気に入った財布を買った。使いやすそうでスマートなネイビーの財布と迷って迷ってどうしようかと思ったけど、今は見てかわいい!って思えるものを持ちたい気分、と思ってそっちにした。

選んでいる間、お店のお姉さん(もちろん年下だけど)がずっと説明してくれたりしてて、でも私は全然決められなくて、一回お店を出て他のところを見たりしてた。

でも結局もどって買うことにして、お会計して商品をくれるときにそのお姉さんが「買っていただいてうれしかったです」って言ってくれて、すごくうれしかった。

売るのが上手ってわけではないと思うんだけど、うれしい、ってことを素直に伝えてくれて、うれしかった。私も、もっとうれしかったら、うれしいです、って伝えようって思った。

財布、革だけど、大事に使わせてもらいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です